FC2ブログ

ドラマは見ないので、実生活に沿ったテーマなら。( 小保方氏と、日本政府 )

最終回まで観るドラマは? ブログネタ:最終回まで観るドラマは? 参加中


私は、やっぱり
どうしても、最終的には
>経営者側の視点、意見になってしまうのだけど
・資本主義経済

けれど、現在、現状の「 株式・株公開・上場 」には
否定的です。

もっと、罰則指定と、世界規模での一定の「 規律・法整備 」が必要だと思います
あまりにも、その辺が野放しなのと
・会社
・社員
・顧客

こちら側を、ないがしろにしすぎる現状の在り方にも、私は否定的です
もっと、株主の権限などを減らし、
株比率を、健全な会社を「 長期保てる比率 」に、切り替えていくべきです
この点において
私は、ローマ法王の「 グローバリズム資本主義と闘え 」と
大筋、支持します。


>小保方氏に厳しい処分・再生研解体を…改革委
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140612-OYT1T50144.html
■さらに理研本部が、STAP論文の徹底調査を避けていることを問題視。
「事実解明に関する積極性を欠き、責任の所在が明らかになることを恐れている」と指摘し、
隠蔽体質があるとの見方を示した。コンプライアンス
■一方、理研が進める検証実験についても、
進め方が不適切で、STAP細胞自体が捏造(ねつぞう)ではないかという疑問に答えられないと指摘。
不正を行った小保方氏は極めて厳しい処分が必要だが、
厳格な監視下で小保方氏自身に再現実験を行わせ、
細胞の有無をはっきりさせるべきだとした。
期間は1年程度との目安を示した。


本当に、これなんです!!>必要な「 土壌 」は

・STAP細胞は、有無にかかわらず
検証する場を、設けなければいけません

これに、税金で何十億かかろうと
文句は、言いません。( 科学分野などもそう。ただ、使途不明金などの視察は大前提として )

検証した結果
STAP細胞の有無がはっきりとし、立証し
・STAP細胞があった場合・・・全ての環境、そして国の介入の仕方、法整備、罰則の世界基準化などの急務
・STAP細胞が無かった場合・・・小保方氏、理研体質。組織の体質の解体と、詐称による罰則規定の世界基準とした罰則整備の急務

ごくごく、当たり前の事です

まず、
STAP細胞を検証できる場を、設ける

これが、大前提です

それを阻止する者は、排除( 悪質ならば、訴訟も視野に )し
STAP細胞の検証が、公正にできる場を作る事です

>組織体質

これは、解体もそうですが
罰則の必要性もあります
透明性を保つためにも


>使うべきお金
・今回のSTAP細胞の検証実験の場を設ける
・在日の方のほうが多い「 生活保護 」で、日本人が餓死している現状の改善
・日本人の子供たちが、貧困からの中退問題

■舛添要一知事の
・中国人留学生への税金の投入など

大反対です

舛添要一知事の、全ての収入を精査する必要性があると思います


( また、体調&集中力のある日に、違う記事で再度、書きとめていくかもです )
スポンサーサイト



テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体